債務整理弁護士の役割について

債務整理弁護士とは?

アテネの建築物と彫刻債務整理弁護士とは、債務整理を専門とした職種です。
そのおもな役割は、弁護士が依頼人の代理人となって債務の整理をすることです。債務整理の分類には、任意整理手続き、自己破産・免責手続きと、個人再生手続き、過払い金返還請求等があります。

債務整理とは?

債務整理とは、借金の金額を減少させ、金利負担の重圧から法的に解放される手続きです。裁判所を通した債務整理もありますが、裁判所を通すことなく専門の弁護士に依頼することも可能です。後者の場合、債務整理の発生を他人に知られることを防ぐことが可能なためプライバシーを守ることができます。

依頼するべきは債務整理に特化した法律事務所

債務整理に経験が豊富な法律事務所の中には特徴をもつ事務所もあります。債務整理の依頼時点では着手金を請求しない、あるいは最初の相談だけであれば無料相談が可能な場合などです。
また、女性弁護士がきめ細かなサポートを行う債務整理弁護士もいます。相談の際、依頼人が女性の場合、弁護士が女性であると気軽に相談しやすい、というメリットがあります。

実績はネット上で公表されています

上記のような各弁護士・事務所の特徴は、ウェブサイトに記載されていることが多いため、選ぶ際に有効な情報源となります。それぞれのオフィスの内部や弁護士の顔写真などをみることができ、過去の実績なども参考になります。
自分の悩みと同じ内容の案件を手掛けたことがあるかどうかも確認することができます。
ウェブサイトの中には、複数の債務整理専門の弁護士・事務所をランキングで紹介しているものもあります。それぞれを比較して検討したい場合には有益となります。
債務整理に必要な費用は、依頼内容や弁護士・法律事務所によって異なります。依頼内容が大きなものだったり、関わる人の人数が多いケースなどでは、費用も高くなるので事前の検討が必要です。