弁護士に依頼した際の債務整理費用について

気になる債務整理の費用の話

任意整理で債務整理をする場合に、気になるのが債務整理費用がどの程度かかるかです。
弁護士に頼みとなると30分5000円といった高額な弁護士費用といったイメージがありますが、着手金は3万円から4万円程度が相場となっています。
これは、1社あたりの着手金です。
多重債務であり5社を任意整理したい場合には4万円×5社で20万円の着手金がかかることになります。

司法書士よりも弁護士事務所に依頼する方が得策

任意整理であれば司法書士に依頼する方が弁護士に依頼するよりも安い料金で着手してもらうことができるのですが、借金の金額が1社140万円までしか取り扱えないといった制限があります。
また、個人再生に方針を変更するとなった場合に司法書士には代理権がありませんので、そういったことを考慮すると弁護士にはじめから依頼したほうがいい場合もあります。

弁護士に依頼することで督促が止まる

任意整理のメリットですが、借金返済中で延滞している場合には金融機関から毎日のように督促がありますが、弁護士に受任してもらうことで一旦督促をストップさせることができます。
そして取引履歴を取り寄せて利息制限法以下の金利以下に引き直しします。

プロに依頼することでスムーズに返済が可能

それから弁護士が債権者と交渉して借金の減額や返済回数、返済期間、返済金額についてまとめます。
交渉がまとまりましたら、和解書を取り交わして返済開始となります。
和解締結日以降は金利がまったくかからず、確定された借金額を毎月決まった日までに分割の返済をしていくだけになります。
着手金以外にかかる債務整理費用としては、成功報酬があります。
どのくらい減額ができたのか減額の割合とそれに応じて得られる経済的利益に対して20%から30%近くが成功報酬の手数料として債務整理をする費用がかかります。